#Looker

話題のBIツール「Looker」とは?

Lookerとは社内に眠るさまざまなデータを経営資源へと変える第三世代のBIツールです。モデリング言語であるLookMLによって誰でも手軽に分析を行い、信頼性のある結果を利用できます。


Lookerロゴ_2

データが貯まっていく一方で、それらを有効な活用ができないという課題を抱えている企業は多いのではないでしょうか。単にデータの利活用といっても、データの種類や利活用には種々あります。しかしデータの利活用は、高度な数学・統計学を駆使したり、専門的なプロラミングスキルを持った人の特権ではありません。

Lookerは眠るデータの集計・分析・可視化を誰でも手軽に行うことができるBIツールです。

目次

  1. Lookerとは?

  2. Lookerの特徴

    1. エンジニアいらずの高い汎用性
    2. LookMLによるデータ・データロジックの整合性の保証
    3.  各種SaaSとのシームレスな連携
    4. 完全クラウド型SaaS
    5. Gitによるバージョンの管理
    6. 多様な実装方式


1. Lookerとは?

2012年にカリフォルニアに本社を持つLooker Data Sciences, Inc. が提供するサービスです。21年にGoogleに買収されたため、GCPの一つのサービスとして提供されています。

Lookerは、LookMLというモデリング言語を使用して定義を行うことで自動的にSQLを生成していますが、エンドユーザーはLookMLや複雑なクリエを実行するSQLを書く必要はなく、GUIで操作ができるため、運用ハードルが低くなっています。

独自データベースを持たないため、データのサイロ化やBIツール上にデータが残るといったセキュリティ上の懸念がなく、一方で誰でも使えるユーザーフレンドリーなツールです。

 


 

2. Lookerの特徴

1. エンジニアいらずの高い汎用性

通常のBIツールはシステム管理者やエンジニア部門に内部のロジック構築・管理をお願いする必要があります。指標やデータ範囲の変更などは頻繁に必要になる一方で、そのハードルが高いという問題があります。Lookerではコーディングのスキルなしに、そうした変更や設定が可能なUIが実装されています。

2. LookMLによるデータ・データロジックの整合性の保証

BIツールに限らず、分析では定義を定めて共有しない限り使う人によって結果が変わってしまうことがあります。また高度な分析になればなるほど、高度なスキルが要求されデータの利活用が進まないこともよくあります。

Lookerでは、解析をする人によって結果が変わることがないような設計になっています。独自のモデリング言語であるLookMLによって指標を一元管理しており、組織や人ごとで定義が異なるといったことを避けられます。

3. 各種SaaSとのシームレスな連携

さまざまなSaaSとの連携に対応しており、機械学習のワークフローにチャットツールの通知を入れるといったことが可能です。Slackといったチャットツールやiframeでの自社HP内へのダッシュボード設置などさまざまなツールと連携します。

4. 完全クラウド型SaaS

特別なアプリやサーバーといったものを持つ必要がなく、ウェブブラウザ上で直感的なGUIで分析からダッシュボード作成まで行えます。特にコーディングといったスキルを要さないため、マーケティング担当者自身での分析や、社内エンジニアを持たない企業においても活用されています。

5. Gitによるバージョンの管理

プログラムのコードの変更履歴を管理するツールであるGitによって、LookMLによる指標や定義の変更をしてもそれぞれをバージョンとして保存可能です。これによって、以前に使っていた指標が必要となった時も手軽に戻すことができます。

6. 多様な実装方式

分析した結果の出力先が柔軟に選べます。Looker内でダッシュボードをユーザーが作成するほか、iframeを用いて任意のサイト内に埋め込む方式やAPIによって他システムと融合させることも可能です。

まとめ

Lookerは次世代のBIツールとしてパワフルな機能を備えているツールです。

今後の記事では弊社の導入事例や、Lookerを含めたGCP関連の情報を発信していきますので、ぜひご活用ください。

 

 

Similar posts

SiNCEとともにビジネスをデータドリブンに変えませんか?

 

私たちは新規事業構築やマーケティング戦略と実行からスタートしたデータソリューションカンパニーです。
自社ソリューションInnovelを基軸に、業務効率改善やDXといったデータドリブンな組織に移るためのサービスを展開しています。また、マーケティングは急激なグロースを実現すべく、データを元に戦略立案から実行を行います。