#GA4

【GA4の初期設定ガイド】GTMと連携

【GA4の初期設定の完全ガイド】プロパティの作成からTGMとの連携までを解説


 

この記事ではGA4を初めて使う方に向けた初期設定を解説しています。

 

目次

1. Google Analytics 4でプロパティを作成
2. Google Analytics 4でデータストリームを作成
3. GA4とTGMを設定

 

1. Google Analytics 4でプロパティを作成

  1.  GA4のトップページにあるサイドバーより「管理」を選択してください。
  2.  次に「プロパティの作成」を選択します。
  3.  表示される項目に必要な事項を記入し「作成」を選択してください

プロパティの作成


 

2. Google Analytics 4でデータストリームを作成

次にデータストリームを設定します。これはGA4プロパティと解析するデータソースをつなぐステップです。 

ここではiOSやAndroidといったアプリの解析もできますが、スマホ、タブレット並びにパソコンからのwebトラフィックを計測する方法を解説しています。

1.「ウェブ」を選択します。

2. 次に解析したいページのサイトURLを入力します。(すでにhttpsは入力されています。)

データストリーム作成

GA4でデータストリームを作成する場合、測定の拡張の有無を選択できます。この機能はTGMなどを利用せずに、より多くのイベントをレポートとして取得できるようにするものです。この機能はデフォルトでは有効に設定されています。ニーズやケースに合わせて変更できますが、多くの場合はデフォルトの設定で運用します。

3. 準備ができたら「ストリームの作成」を選択します。

データストリーム作成完了-1


 

3. GA4とGTMを設定

データストリーム(Web)を作成すると、測定IDが表示されます。このIDを使ってGoogleタグマネジャーを設定します。

なお測定IDは「管理」→「データストリーム」→「最近作成したストリーム」を選択すると、表示されます。

1.測定IDをコピーします。

2.Google タグマネジャーを開きます。

3.「アカウト」→「アカウント作成」を選択して必要事項を記入します。

4.「ワークスペース」のサイドバー「タグ」から「新規」を選択します。

5.「 Google アナリティクス GA4設定」を選択します。

6. 先ほどコピーした測定IDを入力します。

7. 「トリガー」→「All page」を選択します。

 

次回は次のステップであるGA4のデバックビューについて解説します。

Similar posts

SiNCEとともにビジネスをデータドリブンに変えませんか?

 

私たちは新規事業構築やマーケティング戦略と実行からスタートしたデータソリューションカンパニーです。
自社ソリューションInnovelを基軸に、業務効率改善やDXといったデータドリブンな組織に移るためのサービスを展開しています。また、マーケティングは急激なグロースを実現すべく、データを元に戦略立案から実行を行います。