#Google Cloud Platform

Google Analytics 4とUAの3つの大きな違い

Google Analytics 4は設計思想やデータの取得範囲、解析方法などUAとは全く異なるウェブアナリティクスツールです。


・Google Analytics 4とは

Google Analytics 4と(通称:GA4)は、2023年7月でサービスを終了することが発表されたユニバーサルアナリティクス(通称:UA)に代わる次世代のウェブアナリティクスツールです。

次世代と称されるだけあってGA4はUAとはデータの取り方や指標は大きく異なります。この背景にはパソコンからしかテキストベースの記事を読んでいた時代から、スマートフォンで動画や写真といったさまざまコンテンツを閲覧するようになったことでサイト内の行動が変容したこと、個人情報の取り扱いに対する社会の変化などがあります。

この記事では、GA4とUAとの大きな違いをご紹介します。


・ウェブアナリティクスツールとは

HPやブログといったサイトに、どこからどんな人がアクセスしてどこを見たかといったアクセス・閲覧行動状況を分析するツールです。特にサイトの運営の目的が、「問い合わせ」や「資料DL」といったコンバージョンが設定されているときに、その達成のための手がかりとして利用されています。


・Google Analytics 4とUAの違い

  1. 計測単位

UAはパソコンからの閲覧を前提として、パソコンからのアクセスのみをブラウザ単位の計測してきました。ただ先述のスマホやタブレット間でブラウジングをする行動変化に合わせて、GA 4では計測範囲をパソコン、タブレット、スマホに拡張しました。加えて計測単位をユーザーとして、1人のユーザーのデバイスを超えた行動履歴を追えるようになりました。

 2. プライバシー

個人情報の取り扱いや収集が度々問題となり、Cookiesなどが取得できたなくなったのに合わせて、GA4では個人を匿名化した状態でデータの取得解析が行えるように設計されています。これはGoogle社も「プライバシーを中核に設計している」と明言をしており、時代に合わせてツールになっています。なおこのプライバシーの部分に関してはアップデートされていくようで、今後新しいトラッキングや識別IDの付与の仕方などでGA4の計測方法やメトリクスが変化することは十分に考えられます。

 3. 機械学習

今までUAを利用されてきた方がmGA4を使ってみて驚く部分の一つでもありますが、機械学習によってさまざまな分析やインサイトを提示してくれる機能が追加されました。これはプライバシーを尊重する造りであるため、トレンドや流入、閲覧行動のメインストリームを違う形で把握できるようにした結果かもしれません。機械学習による分析によってCVに至るまでのファネル分析や、顧客属性別に任意のディメンションとメトリクスの組み合わせで分析するといった高度なアナリティクスを実現しています。

 

この記事では設計思想や分析手段の違いについて解説しました。次回以降で、GA4のディメンションやメトリクス、機械学習による分析手法など細かい内容をご紹介していきます。

Similar posts

SiNCEとともにビジネスをデータドリブンに変えませんか?

 

私たちは新規事業構築やマーケティング戦略と実行からスタートしたデータソリューションカンパニーです。
自社ソリューションInnovelを基軸に、業務効率改善やDXといったデータドリブンな組織に移るためのサービスを展開しています。また、マーケティングは急激なグロースを実現すべく、データを元に戦略立案から実行を行います。