マーケティング
2024/02/25
清瀧 颯太

Google広告でビッグキーワードを避ける配信戦略

Google広告でのスモールキーワード戦略を活用して、競争が激しいビッグキーワードを避け、コスト効率の良い広告キャンペーンを展開しましょう。この記事では、スモールキーワードを使った効果的なアプローチとそのメリットを解説します。

はじめに

Google広告での配信をしていて、可能な限り効果的に予算を使いたいと考えないでしょうか。そんな時、多くの人が直面するのが、ビッグキーワードによる高額な広告費と激しい競争です。もっと賢く、もっと経済的に目標を達成できる方法があったらどうでしょう?ここで登場するのが「スモールキーワード」の戦略です。この記事では、ビッグキーワードを避け、スモールキーワードを利用してコスト効率よく目標達成する方法をご紹介します。

スモールキーワードって何?

スモールキーワードとは、検索ボリュームは少ないものの、特定のニッチなターゲットや意図に合致するキーワードのことを指します。これらは競争が少ないため、クリック単価が低く抑えられ、キャンペーンのROI(投資対効果)を高めることができます。

ビッグキーワードを避けるメリット3点

・コスト効率の改善


競争が少ないため、クリック単価が低く、広告予算をより効果的に使用できます。


・ターゲットの精度向上


より具体的なキーワードを使用することで、製品やサービスに興味があるより質の高いリードに到達できます。


・広告パフォーマンスの改善


ニッチなキーワードはユーザーの意図と密接に関連しているため、クリック率やコンバージョン率が向上します。


 



スモールキーワード戦略の実行方法について

除外キーワードでビッグキーワードを除外設定


完全一致で除外することにより、スモールキーワードに影響せずビッグキーワードの除外が可能です。




ターゲットオーディエンスの理解を深める


ターゲットオーディエンスのニーズ、興味、行動を徹底的に分析します。 顧客の検索意図を理解し、それに合致するスモールキーワードを見つけます。


キーワードリサーチツールの活用


Googleキーワードプランナーなどのツールを使用して、ニッチなキーワードを見つけます。 長尾キーワード(長く、より具体的なフレーズ)を積極的に探し出しましょう。


キャンペーンの細分化


スモールキーワードごとにキャンペーンや広告グループを細分化し、メッセージをカスタマイズします。より関連性の高い広告文を作成して、ユーザーの関心を引きクリック率を上げます。


まとめ

今日からスモールキーワードに注目し、あなたの広告戦略を見直してみてはいかがでしょうか?

New call-to-action