そのほか
2024/05/07
與田 龍人

Amazon SNSを使った通知システムの構築!トピックとサブスクリプションの簡単な作成方法

Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)は、パブリッシュ/サブスクライブモデルを利用して、柔軟にスケーラブルなメッセージングを提供するサービスです。このブログ記事では、Amazon SNSでトピックを作成し、サブスクリプションを追加する手順について詳しく解説します。開発者が通知システムを簡単に構築できるようにすることが目的です。

はじめに

Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)は、パブリッシュ/サブスクライブモデルを利用して、柔軟にスケーラブルなメッセージングを提供するサービスです。このブログ記事では、Amazon SNSでトピックを作成し、サブスクリプションを追加する手順について詳しく解説します。開発者が通知システムを簡単に構築できるようにすることが目的です。

Amazon SNSトピックの作成

ステップ1: AWSマネジメントコンソールにログイン


Amazon SNSを使用するには、まずAWSアカウントにログインします。AWSマネジメントコンソールにアクセスし、検索バーに「SNS」と入力して、SNSダッシュボードを開きます。


ステップ2: トピックの作成


1.ダッシュボード左側のナビゲーションパネルから「トピックス」を選択し、「トピックの作成」ボタンをクリックします。


2.トピックの設定画面で、「名前」と「表示名」を入力します。これにより、トピックが識別され、他のAWSサービスやアプリケーションから参照されます。



3.その他の設定(オプション)として、トピックのアクセスポリシーや配信リトライポリシーを設定できます。


4.「トピックの作成」をクリックしてトピックを作成します。



サブスクリプションの追加

ステップ1: トピックを選択


作成したトピックをクリックして、その詳細ページを開きます。


ステップ2: サブスクリプションの作成


1.トピック詳細ページで「サブスクリプションを作成」ボタンをクリックします。


2.「プロトコル」ドロップダウンメニューからサブスクライバーが受け取る方法を選択します(例:Email、SMS、HTTP、Amazon SQSなど)。


 



3.「エンドポイント」に、メッセージを受け取るための具体的な情報(メールアドレスや電話番号など)を入力します。


4.必要に応じて、フィルターポリシーを設定して特定のメッセージのみを受信するようにすることができます。


5.「サブスクリプションの作成」をクリックして完了です。



まとめ

この記事では、Amazon SNSの基本的な使い方として、トピックの作成とサブスクリプションの追加方法を説明しました。これにより、簡単にカスタマイズ可能な通知システムを構築することができます。実際のアプリケーションに応じて、さまざまなサービスやアプリケーションと組み合わせて利用することで、効率的な通信が可能になります。次のステップとして、実際にSNSを利用したアプリケーション統合の例についても検討してみてください。

New call-to-action