マーケティング
2023/01/19
鶴見 悠太郎

GA4 コンバージョンイベントの設定方法

この記事は、GA4におけるカスタムイベントの設定を実例を用いて紹介しています。

今回は、B2Bのwebデータ分析における初期設定です。

toBにおけるWebマーケのCVは、問い合わせフォームの「thanks」ページのビュー数やUU数となりますので、まずはCVページのURLの発掘の方法です。

GA4でのコンバージョンイベントの設定方法

Step 1 : CVに該当するURLの発掘

なおこのステップは該当ページのURLを取得できない場合の苦肉の策です。

サイト制作者に問い合わせる、サイトマップにアクセスできる、問い合わせフォームを仮で送信できるといった状況では必要ありません。

手順


  1. 該当のGA4にログイン

  2. サイドバーより探索を選択

  3. 自由形式のレポートを新規作成

  4. 「ディメンション」の「+」より新規ディメンション追加

  5. 「ページ」/「スクリーン」から「ページロケーション」を選択し、インポート

  6. 「ページロケーション」を「行」へドラッグ&ドロップ

  7. 下記の要領でフィルターを追加してURLを掘り当て


a. 分析するサイトの問い合わせページのpathを確認

i. 多くの場合は「contact」や「form」です。

b.フィルターで確認したpathを「含む」で適用

問い合わせ完了ページを抽出

c.問い合わせ完了ページは「thanks」「thankyou」などが、pathとなっている可能性が高いため、同様にフィルターで適用

d.なお該当ページが出てこない場合は、フィルターを消してリトライ

e.下記のように問い合わせ完了ページが抽出できると完了

URLをCV設定で利用するためダウンロードして保存

8.このURLはCV設定で利用するため、コピペもしくは画面右上よりCSVなどでダウンロードして保存

CVイベントの設定

CVイベントは問い合わせ完了ページのページビュー数とします。なおこれは業態業種によっては、UU数とするケースもあります。

手順


  1. サイトバー下の「管理」より「アカウント」→「プロパティ」を選択

  2. 「イベント」→「イベントを作成」を選択

カスタムイベントを作成


  1. 次の手順でカスタムイベントを作成します。


a. パラメータを「page_view」と入力

b.条件を追加から、パラメーターを「page_location」、演算子を「次と等しい」、値を「先ほどのURL」

c.演算子を「含む」として、値を「pathの一部」とするなど可用性あり

イベントの作成完了


  1. 以上でイベントの作成が完了


なお設計通り動作するかの確認のため、デバッグを行うことを推奨しています。

デバッグの方法は下記の記事を参照してください。

GA4 イベント設定時のデバッグの手順

今回はGA4でwebデータを分析する上で大切な初期のカスタムイベントの設定に関してご紹介しました。

ちなみにGA4は仕様がよく変わるので、一度覚えた操作が通用せず混乱することも多いことが難点ですね。

New call-to-action